新潟県三島郡にあります《社会福祉法人中越老人福祉協会》は、4つの介護施設を運営しております。

menuBottom_img
 

法人概要

 

法人の基本理念

法人の基本理念
 
 
 「 人 が 真 ん 中 」
  利用者・家族・職員・地域・みなが笑顔でともに輝く
 
 ・私たちは、ご利用者の日常生活の場面で、自立するに必要な支援を行い、
  その方らしいより良き人生を下支えいたします
 
 ・私たちは、ご利用者本位で、心のこもったより専門的なサービスを提供
  いたします そして、私たちはそのための努力を怠りません
 
 ・私たちは、現状に甘んじることなく、ご利用者の目線で建物、設備や用具
  を見直し、ご利用者に選択していただける、より満足度の高いサービスの
  提供を目指します
 
 ・私たちは、医療・保健・福祉サービスの関係機関と連携し、法人の持つ
  機能を広く公開して、地域の福祉に貢献いたします
 

社会福祉法人中越老人福祉協会について

社会福祉法人中越老人福祉協会について
 
社会福祉法人中越老人福祉協会は、高まる地域の高齢福祉ニーズを受け、出雲崎町をはじめとする周辺12市町村の協力により昭和54年に設立されました。法人の所在する出雲崎町は、日本海に面した新潟県中越地区に位置し、遠浅の海は夏になると海水浴客で賑わい、春には自生する雪割草(オオミスミソウ)が野山一面に咲き乱れる自然豊かな地域です。また、良寛生誕の地として松尾芭蕉の「奥の細道」にも登場し、江戸時代には幕府直轄の天領地となり佐渡島で採掘される金銀荷揚げの地として大いに栄えました。中越老人福祉協会は、この歴史と自然があふれる出雲崎町で地域に結び付いた社会福祉事業を展開しています。
 
  法人名称 社会福祉法人中越老人福祉協会
  設立年月日 昭和54年8月8日
  代表者 理事長 棚橋 二三男
  所在地 〒949-4353 新潟県三島郡出雲崎町大字川西660番地1
  電話番号 0258-78-3311
  FAX番号 0258-78-3124
  事業内容 第1種社会福祉事業
  第2種社会福祉事業
  公益事業
 

出雲崎町の紹介

出雲崎町の紹介
 
海の豊漁を願い開催される「船まつり」では大漁旗をなびかせ漁船がパレードを行います
 
毎年6月に開催される「出雲崎大祭」では神輿を担いだ男衆が町内を練り歩きます
 
出雲崎町は書家「良寛さま」の生まれた地としても知られています。
 
日本海に沈む夕日を堪能することのできる「夕凪橋(ゆうなぎばし)」ー 出雲崎町の美しい夕日は「にいがた景勝百選」の一位に選ばれました。
 

法人の沿革

法人の沿革
 
昭和54年  8月 柏崎市・刈羽郡・三古郡内12市町村で設立される。
昭和55年  7月 特養やすらぎの里開設 定員100名
昭和56年  5月 特養やすらぎの里短期入所事業開始(4名)
昭和62年 10月 特養やすらぎの里短期入所8床増床12名に
平成 2年  7月 ホームヘルプサービス事業開始
平成 9年  4月 出雲崎町デイサービスセンター開設
平成11年 11月 特養やすらぎの里短期入所8床増床20名に
平成12年  4月 居宅介護支援事業所開設
平成16年  4月 デイサービスセンター 紙ふうせん開設
ホームヘルパーステーションやすらぎ開設
平成17年  4月 グループホーム かめさんの家開設
 

評議員の構成

評議員の構成
 
役 職 名 氏 名
評議員 中 粉 昭 雄
評議員 吉 野 清 子
評議員 大 西 正 憲
評議員 佐 藤 眞 知 子
評議員 本 間 昌 人
評議員 河 﨑 政 則
評議員 小 柳 ミ ツ エ
評議員 杉 田 善 彦
 

役員等の構成

役員等の構成
 
役 職 名 氏 名
理事長 棚 橋 二 三 男
理 事 山 田 丈 実
理 事 遠 藤 敬 子
理 事 髙 橋 正 樹
理 事 星 野 広 栄
理 事 佐 藤 正 志
監 事 押 見 正 英
監 事 内 藤 百 合 子
 

法人本部所在地

法人本部所在地
 
 
〒949-4353
 新潟県三島郡出雲崎町大字川西660番地1
 特別養護老人ホームやすらぎの里内
 電話:0258-78-3311
 FAX:0258-78-3124
 
お車 : 北陸自動車道 西山ICより約15分
JR : JR越後線 出雲崎駅(または小木ノ城駅)より徒歩約20分
<<社会福祉法人 中越老人福祉協会>> 〒949-4353 新潟県三島郡出雲崎町川西660-1 TEL:0258-78-3311 FAX:0258-78-3124