新潟県三島郡にあります《社会福祉法人中越老人福祉協会》は、4つの介護施設を運営しております。

menuBottom_img
 

スタッフブログ

 
フォーム
 
新潟産業大学の皆さん☆ようこそやすらぎの里へ!
2018-12-04
先日、新潟産業大学の学生さんが特養やすらぎの里へ施設見学にお越しくださいました。
 
このたびの見学会は産業大学の平野先生が呼びかけた「福祉健康フェア」に参加する学生さん達に、
 
「今報道されている介護業界の状況と、実際の介護の現場を一人ひとりの目で見て感じてほしい」という先生の想いから、
 
当法人にお声掛けいただき実現したものです。
 
見学会では、当施設で導入している介護ロボットやタブレットといったICTに触れていただいたり、
 
地域における当施設の役割の紹介や、現役介護職員の体験談を交えながら居室や入浴設備等の施設内を
 
ご見学いただきました。
 
初めて施設を見学した学生さんは、
 
「病院とは雰囲気が違いますね」「施設内がとても明るく、生活する工夫がいろいろされているのですね」
 
と新たな発見をされたようでした
 
今回の見学会が、地域や介護現場の理解を深めるお手伝いができていたならばとても嬉しく思います。
 
新潟産業大学の皆さん、またぜひお越しください。お待ちしております
 
出雲崎高校生の皆さん!手作りカレンダーをありがとうございます!
2018-11-30
出雲崎高校で「生活と福祉」という授業を選択している生徒の皆さんが、特養やすらぎの里のご利用者様へ
 
手作りの『2019年カレンダー』を寄贈してくださいました!
 
皆さんは授業の中で福祉について学んでおられ、その授業の一環として当施設に複数回にわたりお越しくださいました。
 
このカレンダーは、生徒の皆さんが当施設内を見学し、またご利用者様との交流や高齢者疑似体験等を通して、
 
やすらぎの里で生活されているご利用者の方にどのようなものを贈ったら喜んでくださるだろうと考え、
 
作製してくれたカレンダーです。
 
生徒さんの想いや工夫が込められた素敵なカレンダー、ご利用者の皆さんがよく目にする場所に
 
大切に飾らせていただきます!
 
本当にありがとうございました!!
 
出雲崎高校の皆さん、また遊びに来てくださいね。お待ちしております
 
かめさんの家 「生涯学習フェスティバル」
2018-11-26
かめさんの家 ブログ第35号
 
出雲崎町生涯学習フェスティバルに行ってきました
 
当日は爽やかな秋晴れでお出かけ日和となり、「準備できたよ」「早く行こうよ」と
生涯学習フェスティバルへの参加を心待ちにされていた様子でした。
 
最初は作品展示を見て回りました。小・中学生の書道や町民の方々の作品を見ていると
「上手だね」「これは欲しくなるなぁ~」とご利用者様が話しておられました。
かめさんの家の展示コーナーに行くと「これは私が作ったやつだ」「飾ってもらってうれしい
と話されていました。
 
 
作品展示を見終え、ステージ発表の会場に移動し出番がくるのを待っていました。
保育園児の太鼓や踊りが始まると「ほら頑張れ~」「可愛いね」「上手だ」と
にこやかに声援や拍手を送っておられました
 
いよいよ出番となりステージ前に並ぶと緊張した面持ちでしたが、伴奏が始まると
「ふるさと」と「幸せなら手をたたこう」の2曲を堂々と、心を込め歌っておられました
発表が終わると会場の方々から温かい拍手を頂きました
「大勢の前で歌うのは緊張したいねでも楽しかったね」と
職員に話してくださいました
 
今後もご利用者様に楽しんでいただけるように、いろいろな行事等に参加していきたいと思います
 
かめさんの家 『KAME Cafe』開催!
2018-11-20
かめさんの家 ブログ第34号
 
かめさんの家では今回で第4回目となる『KAME Cafe』を開催しました
 
どんな趣向で開催したら皆さんに楽しんでもらえるか、毎回職員で頭をひねって考えています
「そういえば平成は今年で終わりか…。よし!平成最後の音楽祭にしよう
ある職員の発案で今回のテーマが決まりました
曲当てクイズを行ったり、参加者皆さんで一緒に歌を歌ったり、美味しいケーキで茶話会を楽しんだり
 
当日はご家族の方や地域の方が参加して下さり、ご利用者様と一緒に「平成最後の音楽祭」を存分に楽しみました
 
曲当てクイズでは職員がオルガンで様々な曲を伴奏します。
前奏が聴こえて来たら解答は早いもの勝ちです
 
「あー、何だったかなぁ
「これはほら、あれだよあれ
 
と中々答えが出ない時もあれば
 
「あかとんぼ
「ふるさと
 
と、元気よく正解が飛び出す事もありました。
正解・不正解に関わらず伴奏した歌は全員で声を合わせて手拍子をしながら楽しく合唱しました
 
音楽祭を楽しんだ後はお待ちかねのお茶会です
今回はとっても美味しいロールケーキを皆さんで頂きました
 
 
参加された皆さんが全員笑顔になる、楽しい時間を過ごすことが出来た秋の一日でした
 
 
 
「今日のお話しは、、、」
2018-11-10

今日のお話は・・・」

やすらぎの里では、毎月4回田口看護職員による読み聞かせを行っています。

 

ユニットや居室を回り、小人数のご利用者様を対象に行っています。

「○○の本を読んで」「今度はいつ」など

本を読むこと・活字に触れる事を楽しみにしているご利用者様が沢山います。

でも年齢と共に「字が良く見えない」「目が疲れてしまう」などの理由で、

読書を諦めているご利用者様が沢山います。

そんなご利用者様の「笑顔」のためにも、、、、、、、

 

ある日の一場面

今日のお話は、と本を開くと

「むかしむかし、、、、」とご利用者様の方が、本を読み始めてくださいました。

また「布団の中が一番」と言っているご利用者様が

読み聞かせに参加するために、布団から出て車椅子を自走し、

読み聞かせを行っているユニットへ。

普段一人一人のご利用者様とゆっくりお話しが出来ない中、季節の本を選んでくださっている為、その季節の思い出や食べ物の話題で会話が弾み、笑顔が増えています。smiley

 

「すごい」読み聞かせ効果、予想外の事ばかり。

田口看護職員も本を選んだり、読む練習をしたり、おちおちしていられませんね。

毎月の予定表のお花も、田口看護職員の手作りです。

<<社会福祉法人 中越老人福祉協会>> 〒949-4353 新潟県三島郡出雲崎町川西660-1 TEL:0258-78-3311 FAX:0258-78-3124