新潟県三島郡にあります《社会福祉法人中越老人福祉協会》は、4つの介護施設を運営しております。

menuBottom_img
 

スタッフブログ

 
フォーム
 
出雲崎町花火大会見学
2017-08-18
「かめさんの家 ブログ第13号
 
先日、出雲崎町の夏の夜空を彩る町内の花火大会に行ってきました
出雲崎町の花火は海岸で打ち上げるので、海面に花火が映ってとても見応えがあります。
そして今年はやすらぎの里も花火を打ち上げましたlaugh
 
夜の外出という事で残念ながら見学に行けるご利用者様はY様お一人だけでした
当日は夕食を終えてから出発。
「いやぁ、町の花火を見るなんて何年ぶりだろう」
海岸までは車で10分ほどですが、車内でのY様はいつもよりよくお話しされており、楽しみな気持ちを抑えられないといったご様子でした。
 
会場に到着すると見物客がとても多く、残念ながら浜辺で見ることは出来ませんでしたが、職員の知人の方のご厚意で、最高のロケーションで花火見物をすることができました
花火が1つ打ちあがる度に
「いやぁ、凄い」「綺麗だなぁ・・・」
とY様。
時間が経つのも忘れ、首が痛くなるのも忘れて夏のひと時を満喫しました。
 
帰りの車内では
「今度は(かめさんの家)みんなで見たいなぁ」
と、とても満足されたご様子で話されていました
 
出雲崎町デイサービスセンター夏祭り!
2017-08-17
夏祭り
人形すくい
子供との交流
今年も暑い夏ですねcool みなさん夏と言えば、何を思い浮かべますでしょうか?
、花火、スイカ、浴衣、、、、祭り そう祭りの季節です
 
近年毎年、出雲崎町デイサービスセンターではこの時期に夏祭りを開催しています
始まりは、ご利用者の皆さんからのこんな声からでした。
「歳を重ねるにつれ、足腰が弱くなって、地元の祭りや地域の行事などに行くことが難しくなって、少し淋しいなぁ~・・・」
皆さんの声を聞き、少しでも四季を感じ、また昔を思い出して、自然と身体が動き出す!
そんな行事を行いたい!という想いから始めました。
 
職員手作りの屋台で、人形すくい、射的、くじ引きなどのミニ縁日を開きました
 
皆さん気の合うお仲間同士、それぞれの屋台を巡り、いつにも増して会話も大盛り上がり
特に人形すくいでは、破けそうになりながらハラハラドキドキ
終わる頃には皆さん口を揃えて、
「この歳で祭りに出られるとは思わなかったよ
「子供の頃のように楽しませてもらって」と大変嬉しいお言葉をいただきました
 
また、職員の子供も参加させていただき、ご利用者の皆さんと世代間交流を行いました。
皆さん、小さい子供を見る目はとても穏やかで、にこやかで
職員一同、心がとても温まりました
 
その場にいる全員が楽しむことのできる企画となって、よかったです
 
 
 
かめさんの家 納涼会
2017-08-05

かめさんの家 ブログ第12号

 

夏と言えば皆さん何を連想されますか?

花火?スイカ?お盆休み?

かめさんの家で夏と言えば…

 

そう、『納涼会』なのです

 今年も去る715日にかめさんの家納涼会が開催されました

 

夕方からの開催だったので、当日は昼食後からホールや廊下に飾り付けを始めました。

 

「何が始まるの?」

「誰か来るんだかね?」

 

ご利用者の皆さんは普段とは違う屋内の様子に、わくわくした面持ちで職員の所に尋ねて来られました。

 

「夕方から納涼会があります。美味しい食事や色々な催しものがありますよ

 

職員がそう答えると皆さんの笑顔はより一層明るくなりましたheart

 

 

定刻になり、いよいよ納涼会開催

かめさんの家の納涼会は毎年とても賑やかです

会場の飾りつけだけでなく、料理や催し物も目を引くものばかり

 

写真は乾杯後の軽食です。

食事は目と舌で楽しむもの。美味しそうでしょ?

この後でメインの夕食、最後はデザートまでついてきました

ご利用者様だけなく参加されたご家族や来賓の方にも大大大好評でした

 

 

さて、お楽しみの催し物は豪華3部構成。

 

第1部は柏崎から歌の先生とピアノの先生がお2人、ボランティアに来て下さいました

さすが先生!その歌声と演奏はまるで『コンサートホール』にいるようでした

童謡や唱歌を中心にご利用者様の知っている歌を沢山披露して下さり、皆さん食事の手を止めて口ずさんでおられました

 

第2部は2名のご利用者様による朗読です

読み上げる本の題名は『希望のりんご』。その冒頭の一節を一文ずつ交互に読み上げて下さいました

実はこの本、かめさんの家に入所されているご利用者様が10年ほど前に書き上げた本なのですwink

(今でも地元や近隣の図書館に置いてありますよ

内容は中越地震直後のお話。

ここでは詳しく書きませんが、このお話は何回聞いても涙を誘う素敵なお話なのですcrying

参加者の方々には目に涙を浮かべて聞いている方もおられました

 

最後の第3部は恒例のスイカ割りです

「右!」「もっと左!」「こっちに来ないで~

と様々な声が飛びかいました(笑)

見事スイカを割ったご利用者様のお蔭で、甘くてみずみずしいスイカをお腹いっぱいに入れる事が出来ましたlaugh

 

 楽しい時間はあっという間。

 

「良かったいね

「またやりたいね

 

ご利用者様は皆さんとっても良い表情で喜ばれていました

最後は参加者全員で万歳三唱。

歌や演奏を披露して下さったボランティアの方々、そして参加されたご家族の方々と再会を約束して握手を交わし、かめさんの家の納涼会は今年も大盛況のうちに終わりました

 
「車椅子寄贈式」出雲崎小学校のみなさんありがとうございます!
2017-07-14
昨日、特養やすらぎの里において「車椅子寄贈式」が行われました。
 
この車椅子は、出雲崎小学校の生徒さんがスクールエコ運動の一環としてアルミ缶やペットボトルを回収し、
 
それらを資源として清和産業(株)様で車椅子に交換されたものです。
 
この車椅子は、越後工業(株)様が製造されたパンクしない車椅子だそうです。
 
寄贈式では、出雲崎小学校を代表して環境エコ委員会の皆さんからご利用者様代表に目録と車椅子を頂戴し、
 
当施設からは、感謝の気持ちを込め、星野園長より感謝状が手渡されました。
 
一生懸命に集めたアルミ缶等の総重量は約775㎏ 
 
「集めるの大変でした~笑」と生徒さん。
 
皆さんの頑張りと想いがいっぱい詰まった車椅子、
 
大切に使わせていただきます。
 
出雲崎小学校のみなさん☆  大変ありがとうございました!!
 
 
 
 
 
かめさんの家  「出雲崎大祭」
2017-06-26
出雲崎町
出雲崎大祭
かめさんの家 ブログ第11号
 
毎年6月17日に行われている出雲崎町の一大イベント
出雲崎大祭にご利用者様全員で行ってきました。
お天気に恵まれ、お出かけ日和となりました
 
 お神輿が始まるまで時間があったので露店を見て回りました。
「わたあめだ。おいしそうだね」「おぉ!金魚すくいか~孫へのお土産にしようかな
 とお話をしながら見て回り、とても楽しまれていたご様子
 
日差しも強く暑かったので皆さんでアイスを食べながら休憩
アイスを食べ終えた頃、神輿のお囃子が聞こえてきました 
始めに小学生・中学生による子供神輿がやってくると、
皆さん拍手をしながら「がんばれ~」と声を掛けておられました。
子供神輿の後は迫力ある大人神輿目の前で神輿をあおってくださり
とても見応えがありました
 
 神輿を見終え、露店で 新潟B級ぐるめ『ぽっぽ焼き』を買って帰りました。
帰りの車内では「お神輿すごかったね」「お祭りはいいね」「楽しかったね
と皆さんの笑顔が見られ、楽しい思い出ができました
 
 
 
 
 
<<社会福祉法人 中越老人福祉協会>> 〒949-4353 新潟県三島郡出雲崎町川西660-1 TEL:0258-78-3311 FAX:0258-78-3124